雁塔之声 诗刊网络版's Archiver

王中陵 发表于 2017-9-10 16:44

傳統詩詞平仄多讀常用字舉隅

傳統詩詞平仄多讀常用字舉隅
——《無慾齋雜彈》四十
□□學兄澄鑒:
所言在詩詞閱讀、創作中常常遇到一字多讀的問題,這正是吾華漢字高妙之處,不僅不同之字字形、字義、字音有別,同一字往往多義且多音,其多音尤令人惝恍難辨,如『有』即有兩種讀音,『行』、『數』各有四種讀音,『敦』竟有九種讀音,漢字之深賾奇妙令人嗟為觀止。
用於詩詞中,只區別其平、仄兩類讀音即可。據我所知,大略有以下幾種情形:
一是同一字可平可仄,即放在該讀平聲處即讀平聲,放在該讀仄聲處即讀仄聲。如『望』字,在『今日無端入望中』(王安石《江口送道源》)中讀仄聲(去聲),在『遙望瀑布掛前川』(李白《題廬山瀑布》)中讀平聲(陽平)。這類字頗多,如『比』、『淤』、『噓』、『撞』、『歎』、『曼』、『患』、『撓』、『過』、『看』、『那』、『忘』、『障』、『閬』、『瑩』、『醒』、『聽』、『暝』、『憑』、『售』、『潸』、『嵬』、『泯』、『擐』……等皆是。
二是同一字可平可仄,但必須根據其在此處所用之義(或作用)而定。如『為』字,在『總為浮雲能蔽日』(李白《登金陵鳳凰臺》)中讀仄聲(去聲),在『他年我若為青帝』(黃巢《題菊花》)中讀平聲(陽平)。這類字甚夥,如『中』、『空』、『籠』、『供』、『行』、『吹』、『思』、『衣』、『鋪』、『譽』、『分』、『論』、『翰』、『觀』、『冠』、『漫』、『鑽』、『燕』、『旋』、『濺』、『漸』、『挑』、『要』、『漂』、『炮』、『泡』、『教』、『號』、『操』、『勞』、『和』、『頗』、『王』、『相』、『創』、『強』、『量』、『浪』、『當』、『喪』、『搶』、『磅』、『更』、『正』、『令』、『釘』、『興』、『應』、『稱』、『任』、『禁』、『三』、『擔』、『占』、『間』、『治』、『縫』、『縱』、『疏』、『汙』、『泥』、『難』、『鮮』、『扇』、『料』、『過』、『華』、『劃』、『勝』、『監』、『茸』、『橫』、『乘』、『荷』……等皆是。
三是同一字根據其所用處涵義不同而聲、調均不同,分屬平仄兩檔。如『從』、『重』、『降』、『遺』、『騎』、『予』、『據』、『禪』、『便』、『傳』、『扁』、『彈』、『調』、『鞘』、『長』、『藏』、『傍』、『磅』、『盛』、『繆』、『洞』……等皆是。
另外,還有同在平聲或同在仄聲中而義不同者,如『參』(參加和參辰)、『差』(參差和差別)、『綸』(綸巾和經綸)、『單』(名單和單于)、『茄』(雪茄和茄子)、『丁』(兵丁和伐木丁丁)等均讀平聲,『賈』(商賈和姓賈)、『數』(數學和屈指可數)、『散』(散文和散漫)、『少』(多少和少年)、『否』(是否和臧否)、『好』(好歹和愛好)等均讀仄聲。雖用法不同,但同屬平聲或仄聲,就不必多費心思去記了。
吾華數千年文明史造就漢字甚多,漢代《說文解字》收字九千五百餘,南朝梁代《玉篇》收字二萬二千餘,宋代《類篇》收字三萬一千餘,明代《字彙》收字三萬三千餘,清代《康熙字典》收字四萬六千餘,民國《中華大字典》收字四萬八千餘,一九九二年四川辭書出版社與湖北辭書出版社聯合出版之《漢語大字典》收字五萬四千餘,而一九九四年中華書局出版之《中華字海》收字竟達八萬五千餘,皇皇哉盛矣,且其形、音、義錯綜複雜,但雷同變異者亦夥,而常用字不過數千而已。只要常用多記,再隨時查閱字典辭書,也是不難掌握的。
雖說詩詞對平仄要求頗嚴,但歷代詩人們也摸索出了一套靈活變通之法,我於一九九九年五月所作《『一三五不論,二四六分明』辨惑》一文(載《歌呼集》附錄一)已有詳細的分類說明,你可找出來再看看。
匆此不一,即禱吟祉!
渝南無慾齋詩奴向喜英謹覆。

页: [1]

Powered by Discuz! Archiver 7.0.0  © 2001-2009 Comsenz Inc.